Monthly archives: 1月 2015

素晴らしく成長した最近の脱毛

脱毛をしたいと昔考えたことがあるけれど、その頃は脱毛がまだ珍しいものだったので、私は興味半分で少しだけ脱毛しました。膝から下の部分だけという脱毛だったけれど、その頃の脱毛は痛くてどうにもこうにも続けることができなかったです。

だから途中で断念しました。脱毛することによってきれいな肌になれたかもしれないけれど、痛くてストレスとの戦いになるんだったらやめておいた方が自分のためだと思ったのです。後になって考えてみても痛みに耐えられないならやめて正解だと思いました。

あの時脱毛をやめていなかったら、体のどこかが悪くなっていたかもしれないと思うのです。昔の脱毛ってそのくらい痛いモノだったのです。

最近のフラッシュ脱毛は痛くないと聞きますが、きっと本当に痛くないのでしょう。たまにチクッとしたり熱い感じがするくらいはどうってことないでしょう。昔の脱毛方法に比べたら最近の脱毛方法は素晴らしく成長したと思います。不満も出にくいでしょう。

ムダ毛処理とは一生の付き合いかも

女性なら誰でも、10代の頃からムダ毛の処理と闘ってきたと思います。
かくいう私も若かりし頃、ワキ・ひじ下・ひざ下の三か所をクリニックで永久脱毛しましたが、未だ他の部分は自己処理をしていますし、処理したはずの3か所も完全無毛というわけではありませんでした。
未処理の時よりかなりラクにはなりましたが、夏になって肌を露出する季節になると、毎年面倒な作業をしなくてはいけません。
あまりにも面倒なので、また脱毛サロンに通おうかと思い始めているくらいです。

ですが、完全無毛が不可能だとわかってしまったので、イマイチ思い切れません。

お金がかかることも理由の1つですが、処理に時間がかかる&痛いというのが最大の理由です。

全身脱毛やVIO脱毛にも興味はあるのですが、ひざ下&ひじ下をするだけで1時間もかかるのに、一体どれだけの時間痛みに耐えなくてはいけないのか、と考えるだけでクラクラしてきます。

ですが、自己処理直後に綺麗になった肌を見ると、この状態が続くなら、また、自己処理の煩わしさから開放されるなら、サロンに通ってもいいなぁ、と思えるのです。

女性ならきっと何歳になっても同じことを考えるのではないでしょうか。

もっと早く出会いたかった!

わき脱毛、もっと早く若いときからやっていればよかったなと思います。
私は、すねも剛毛なので、ひざ下もやりました。

出産を経て、ひざ下は死んだはずの毛根が少し復活しています。それでも、出てきたら少し抜いてあげればまたしばらくは放置で大丈夫です。

わきもです。放置しすぎるとながーいのが一本生えてたりしますが、基本的には放置できます。いじることがなくなったので、わきはすべすべしてきた気がします。

結果はこうですが、施術をした二年~三年、結構大変でした。
生理と重なりそうなら日にちを延期しなければならないとか、施術と施術の間は2~3か月あけるとか、結構縛りがあるので、進まない時もありました。それを考えると、出産後の落ち着いたときに、復活したひざ下をもう少しやりたいですが、時間が取れないというのが現実ですかね。本当に剛毛だったので、今の状態でもずいぶんいいんですが、、、完了すると楽ということが分かった今、やりたいなーと思う気持ちもあります。

まぁ、子供が大きくなって、お金にも余裕があれば・・・でしょうかね。